富士山のお土産向け名産品(ワインやおいしい水素水など)

富士山のお茶

お茶もお土産としては有力な候補に挙げられるでしょうね。

富士山は何県にあるか、と聞かれたらみなさんはなんて返答するでしょうか。 ある人は山梨県、またある人は静岡県と答えるでしょう。 そのどちらも間違いではなく、複数の県に跨っている富士山は静岡県にあるとも 言えますし山梨県の山とも言えるのです。 なので名産品も静岡っぽいのと山梨っぽいのがあり、またどちらにも属さない富士山 らしさが満点の一品も何品かが用意されています。 富士山のお土産でお茶を買われていく観光客もいますが、これは確実に静岡県寄り の嗜好品になるのではないでしょうか。 観光地としてはあまり名を聞かぬかもしれませんがお茶の産地で有名な静岡県は、 日本でも最大級の茶畑を有するのどかな風景がチャームイントの県なのです。 子供の頃から日本人はお茶を飲んで成長しますし、これが大嫌いという人はまず いないと思われるほど多くのジャパニーズに愛されている飲み物です。 お茶を飲む姿が似合わない年齢というのもなく、上は70歳でも80歳でも100歳 でも、下は10歳でも8歳でも茶菓子を食べながら食後のティータイムを楽しむ 姿は日本の食卓ではよくみられそうな風景となっています。 しかも自動販売機やコンビニエンスストアで普通のお茶が売られるようにもなって きましたし、炭酸飲料やジュースと同じ金額を支払ってでも飲みたいと思う人が かなりの数存在することも明らかになってきました。 1人暮らしですとお茶が飲みたくても急須がない、もしくはお湯を沸かすコンロ もないし自宅でお茶を煎れることができない、なんて人も結構いるかと思います。 そんな人向けにペットボトルのお茶が年間でかなりの数量が販売されているほど ですし、世界でも類を見ないほど日本人はお茶が大好きなのです。 ですからお土産屋さんで富士山ぽいお茶が売っていたらとりあえず手にとってみて、 そこで良い第一印象を受けたのならいくつか買っていこうと決めるのです。 お土産として最も富士山らしいのは「ふじってぃー」という商品かもしれません。 これは富士山をあしらった入れ物に入っており、内容物はティーバックなので 手軽に熱々のお茶を楽しむことができる優れものです。 作り方は簡単で、使用したい容器にこのティーバックを入れて上から熱湯を適量 注ぐだけ、そうすれば瞬く間においしい日本茶の完成です。 熱湯を扱うため小学生以下の年齢の人に差し上げるのはちょっと危険かもしれま せんが、保護者が付き添いをするのであればよほどのことがない限り火傷以上の 災難が降り注ぐこともありませんし、ほぼ全年齢を対象にすることも可能な素敵 なお土産用アイテムがこのふじってぃーです。 使いやすさもさることながら富士山ぽいネーミングもポイントが高く、一目で 「お、コレは富士山のお茶だね」とわかりやすい点も好評のようです。 ティーバックタイプではないお茶も静岡県では山ほど市販されていますし、もし 富士山のお土産に健康に良さそうな飲み物を購入しようというのなら選択の幅は 無限大に思えてしまうほど広がっています。 急須でお茶をいれるための茶葉も何十種類かが各メーカーが販売していますし、 冷たいお茶がお好みならペットボトルタイプのものもみつかります。 これならたとえお土産用に買ったとしても、帰り道で喉が渇いたら1本失敬して 自分で飲んでしまうこともできちゃいますし、余裕を持って多めに買っていかれる 観光客が多いのではないでしょうか。 ただし重量も容量も水に等しいので、自家用車でないのならあまり多くを買って しまうと帰路がとっても大変になるため注意しましょう。 20人分のお土産にと1リットルのお茶のペットボトルを20本もレジに持って いって精算をすると、そこからは20キログラムの荷物を持ち運びながらの移動 となるのでバスや自転車ではかなり体力を消耗することになるでしょう。 お茶のお土産なら茶葉かティーバックがお勧めです。