富士山のお土産向け名産品(ワインやおいしい水素水など)

富士山のお菓子

ウォーターっぽいのではなくお菓子類も充実しています。

富士山のお土産で最も人気がありそうなのは、健康に良いミネラルウォーターや 水素水ではなくお菓子類かもしれません。 飲料するようなものだとたとえ名産品だとしてもかさばるので、お土産で買うのを 躊躇する人も多いのではないでしょうか。 美容にいい富士山の水素水がショップで売っていても、みんなに買っていくのは 体力的に厳しいかなと購入を思いとどまるのは仕方の無いことです。 数人にワインを買っていこう、自分のために水素水をお試し用に一週間分ほど 買っていこう、と言う分には特に問題はありませんが、「明日から富士山に行って くるね、お土産楽しみにしててよ」とクラスのみんなに言いふらしてしまった場合、 担任の先生の分も合わせて多いと40本近くのミネラルウォーターとワインを1本 買うことになりますが、それは一緒に旅する者にも迷惑をかけてしまいそうです。 乗用車にそれだけの荷物を詰めるのも邪魔ですし、公共機関で行かれるのなら そんな大荷物を抱えた人と一緒に行動するのははっきりいって足手まといになる だけですから、ほどほどの荷物になるようにするのがマナーでしょう。 なのでお土産には持ち運びの楽なものが相応しく、お菓子類が軽量ですし需要も 高いというのが公式の見解となっています。 ではどのようなお菓子が好ましいかですが、富士山ぽさが感じられるのがお土産 としては最重要ですからネーミングで選ぶもありかと思います。 たとえばフジヤマクッキーというお菓子がありますが、これは問答無用で富士山の お土産だと誰もが理解できる素晴らしいクッキーです。 疑問を挟む余地がない、100%富士山の物だと分かる大胆さが好評で、安易な ように感じられるネーミングセンスですがこれくらいストレートな方が小さな 子供にも喜ばれるのでしょう。 もしも富士山のお土産として生産されていても名称がただの「バタークッキー」 では人に買っていくのにはちょっと物足りなさがあります。 クッキーを受け取って「ありがとう、どこ行ってきたの?」と聞かれそうですし、 フジヤマクッキーに比べたらリアクションはすごく控えめなものにしかならない ことが、渡す前から明らかなお土産です。 バターたっぷりでおいしいのかもしれませんが、クッキーとしては一流だとしても 富士山のお土産としては3流でしかありません。 おいしくてなおかつお土産向きであることが求められるのですが、どちらかと 言えばおいしさよりも名産品であることがはっきりしていることの方がお土産 としては重要視されるので、フジヤマクッキーのようにはっきりと宣言してくれて いる商品の方が好まれるのです。 もちろんこのクッキーは味もみんなを満足させる品で、白色のチョコがまた富士山 らしさを演出しており文句なしのお土産となるでしょう。 他には富士山羊羹という商品もお土産候補に入れたい品で、羊羹作りにおいて 大切な要素、良質な水が得られるこの地域で製造されているため味は折り紙つき、 しかもどこで買ったか分かりやすい名称をしているのでお土産としても有能です。 もしも予算に余裕があるのなら一緒に茶葉も買っていくと、セットで楽しんで もらえるのでさらにお得な感じもします。 アルコール類ではないので対象年齢は特にありませんが、羊羹が好きな年齢を 考えると年配者向けにはなるかもしれません。 高校生や大学生にお土産に羊羹を買っていくことが間違いとはいいませんが、 そんなに大喜びはしてもらえない気がちょっとだけするからです。 わけのわからないキーホルダーよりかはましとしても若者には羊羹よりもクッキー を選んだほうが、きっと早めに食べていただけると私は確信しております。 お菓子類を渡すのなら相手の好みを考慮し、あとは愉快な名称の物を選ぶのが セオリーなのです。